日本ハムが西日本豪雨復興支援試合 10月2日の西武戦

 プロ野球日本ハムは27日、札幌市の札幌ドームで10月2日に行われる西武戦を西日本豪雨復興支援試合として開催すると発表した。当日の来場者1人につき50円を、ファイターズ基金を通じて被災地に寄付し、2万5000人に限定Tシャツを配布する。

 広島県出身で主将の中田翔内野手を中心に球団で支援策を検討し、同じ広島県出身の有原航平投手、大田泰示外野手が賛同した。中田内野手は「一日でも早く復旧復興することを強く願っている。被災者の方々に少しでも勇気を持ってもらえるようなプレーができるように一生懸命に頑張る」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ