宮川、高須院長の支援申し出に感謝「前向きに検討させていただきます」 体操

 2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江(18)が31日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演。日本協会の塚原光男副会長(70)と塚原千恵子女子強化本部長(71)夫妻からパワハラを受けたと主張したことについて言及した。

 この問題を受け、高須クリニック院長の高須克弥氏(73)が支援を申し出た。高須氏と電話でやり取りした宮川は「本当にありがたい。前向きに検討させていただきます。落ち着いてから、少し時間をください」と感謝した。

 高須氏は29日、所属先との契約を解除した宮川に対し「力になりたいと思います。僕でよければ契約します」とツイート。その後、宮川と直接連絡をとり、スポンサー支援の約束を交わしたという。前所属先の契約を引き継ぐ予定だが、活躍次第で更なる手厚い契約を結ぶ可能性を示唆していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ