体操パワハラ問題 塚原光男副会長が釈明「必要な指導と注意を行った」

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表、宮川紗江(18)の“パワハラ告発”問題で、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫で協会副会長の光男氏(70)が31日、宮川の告発内容をほぼ全否定する5ページの文書を発表した。

 塚原光男副会長も同じ書面で釈明。宮川が問題とした7月15日の面談について「発言内容を正確に覚えていないところもあります」と認めたながら、「副会長として必要な指導と注意を行った」とした。複数の種目をこなす必要があるため、「マンツーマンで指導にあたるスタイル」の速見コーチだけではなく複数の専門的指導者が宮川に関わるべきだとの考えも示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ