体操パワハラ 宮川「スッキリ」出演で生激白!「まさか全部嘘といわれるとは…」

 2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表、宮川紗江(18)が8月31日午前、日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、パワハラを「嘘だ」と否定する日本体操協会の“女帝”と呼ばれる塚原千恵子女子強化本部長(71)や夫の光男副会長(70)に再反論。千恵子氏について「意地悪だ」と言及。選手の選考などで不公平があることをあらためて強調した。

 番組冒頭、「皆様に真相を伝えられればいいなと思ったので出演した」と宮川は話した。

 記者会見でパワハラを訴えた宮川に対し、塚原光男副会長は30日、会見を「全部、嘘」などと全否定し、千恵子女子強化本部長も「主張には嘘もある。高圧的な話し方はしていない」などと反論した。これについて宮川は「協会は否定してくるだろうとは思っていたがまさか全部嘘といわれるとは思っていなかった」と吐露した。

 無期限登録抹消処分になっている速見佑斗コーチ(34)の暴力行為について認めた上で、弁護士が「1年前にあったことについて無期限登録抹消の処分は重すぎる」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ