池谷幸雄を独占直撃!「塚原夫妻は事の重大さを分かっていない」 愛弟子・村上も「引き抜き」行為があった

 パワハラを訴えた宮川紗江の主張を「嘘だ」と強く否定する塚原千恵子女子強化本部長と夫の光男副会長。バルセロナ五輪体操銀メダリストでタレントの池谷幸雄(47)は夕刊フジの取材に、夫妻は「事の重大さを分かっていない」と糾弾し、権力の実態や体操界ではご法度とされる選手の“引き抜き”行為について激白した。

 18歳の宮川は8月29日、選手生命をかけて1人で記者会見に臨んだ。池谷は「ここまで追い込む日本体操協会が選手ファーストだとは思えない。どれだけ選手がこれまで努力してきたのかを全く分かっていないように思える」と憤った。

 翌30日には塚原光男副会長が宮川の主張を全面的に否定、協会が第三者委員会設置を決めたにも関わらず、千恵子強化本部長も「宮川の主張には嘘もある」などと反論した。

 これについて池谷は「この時点でこのような発言をしてしまうのかと、あぜんとしてしまう。本来なら慎重に言葉を選んで発言しなければならないが、感情的に話しているところを見ると、事の重大さを分かっていないように感じる」と疑問を呈した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ