塚原夫妻、パワハラは断固否定“疑惑”の白旗…本心はどこに? “直接謝罪”で延命を図る思惑か

 本心はどこにあるのか。体操の宮川紗江(18)のパワハラ告発を受け、「全部嘘」「黙ってないわ」というゴーマン姿勢から一転、「本当に申し訳ない」と謝罪モードになった日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)。世論の逆風が強まるなか、宮川への直接謝罪で延命を図る思惑もうかがえる。ただ、パワハラ疑惑そのものについては認めておらず、事態は収束しそうもない。

 8月31日に発表した文書では「宮川選手を脅すための発言はしていません」として、高圧的な言動があったなどとした宮川の主張を否定した塚原夫妻だが、今回の声明では「(反論や反撃などの)意図は一切ございません」とし、「自分たちの名誉を少しでも回復したいという私たちの勝手な考えなどのため、さらに深く宮川選手を傷つけた」と平謝り。

 宮川の主張を頭ごなしに否定した夫妻の当初の対応には、ニュースやワイドショーも、夫妻に近い一部のコメンテーターを除くと総じて批判的だった。「高圧的な発言ではない証拠」として千恵子氏と宮川の会話を録音した音声を公開しても、その反応は変わるどころか、かえって計画性をにじませる結果となった。

 こうした世論を意識してか、謝罪文書でも、テレビ番組の司会者やコメンテーターの意見について「全て真摯(しんし)に受け止めております」とし、千恵子氏が「黙ってないわ」、光男氏が「(宮川の発言は)全部嘘」などと言ったことも、「私たちの感情に任せた自分勝手な発言」だったとした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ