大坂、錦織とアベック8強!’95松岡修造&伊達公子以来四大大会23年ぶり 全米テニス

 テニス・全米オープン第8日(3日、ニューヨーク)単4回戦で男子の錦織圭(28)、女子の大坂なおみ(20)=ともに日清食品=がそろって勝ち、準々決勝に進んだ。四大大会単で日本勢の男女そろっての8強は1995年「ウィンブルドン選手権」でベスト8の松岡修造、伊達公子以来23年ぶり2度目。第20シードの大坂は第26シードのアリーナ・サバレンカ(20)=ベラルーシ=を6-3、2-6、6-4で退け、四大大会で初の8強入りとなった。

 大坂の目が涙でにじんだ。四大大会で自身初の8強入り。幼少期を過ごした思い入れの強いニューヨークで、目標を達成した。

 「タフな試合を乗り越え、これまでにないような気持ちになった。涙の理由は、うれしかったから」

 今大会で初となるフルセットの激戦だった。相手は同い年のサバレンカ。第1セットは大坂が相手の攻撃に耐えたが、第2セットは勢いに押しこまれた。ここで酷暑対策ルールによる10分間の休憩があり、控室で休んだ大坂は「すべての球に100%の力を出し切る」と心を決めた。

 最終セットに入ると、ショットに伸びが戻った。相手サーブの第10ゲームで3連続マッチポイントの好機を逃しても気持ちを切らさず、最後は相手が8個目のダブルフォールトを出して根負け。2時間1分の熱戦を制し、「全てのボールに追い付けるなら、脚が折れてもいいと思って戦った」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ