セリーナが決勝進出 大坂なおみはキーズと準決勝 女子単

 【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン第11日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス準決勝では7度目の頂点を狙う第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第19シードのアナスタシヤ・セバストワ(ラトビア)を6-3、6-0で退け、優勝した2014年大会以来4年ぶりに決勝に進んだ。勝てば四大大会歴代最多24勝目となる。

 初めて4強入りした第20シードの大坂なおみ(日清食品)は、日本女子初の決勝進出を目指し、昨年準優勝の第14シード、マディソン・キーズ(米国)と対戦。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ