大坂「ママ! やったよ!」 セリーナへの伝言は「愛している?」 全米テニス

 テニス・全米オープン第11日(6日、ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)女子シングルス準決勝で第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が昨年準優勝の第14シード、マディソン・キーズ(23)=米国=を6-2、6-4で破り、四大大会の日本女子では初めて決勝に進出した。8日午後4時(日本時間9日午前5時)からの決勝では、四大大会歴代最多24勝目を狙う第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=と対戦する。

 大坂は試合後、13度のブレークポイントを凌いだことを質問されると「本当にセリーナと戦いたかった」と元世界女王との対戦を熱望した。母親へのメッセージには、「ママ!愛している やったよ!」と笑顔。セリーナには「愛している?」と困惑気味に話し、「他には」と問われると、「みんなを愛している!」と強調し、会場の笑いを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ