松岡修造氏、大坂はまるで新幹線?「ミスなく安定していた」 全米テニス

 テニス・全米オープン第11日(6日、ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)女子シングルス準決勝で第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が昨年準優勝の第14シード、マディソン・キーズ(23)=米国=を6-2、6-4で破り、四大大会の日本女子では初めて決勝に進出した。8日午後4時(日本時間9日午前5時)からの決勝では、四大大会歴代最多24勝目を狙う第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=と対戦する。

 現地でテレビ解説した元プロ選手の松岡修造氏(50)は、自身の公式サイトで「まさになおみエクスプレスなテニスだった!」と絶賛。「早く、速く、そして時間通りに運行する日本が誇る新幹線のようにミスなく安定していた」と評した上で、「さあ、なおみエクスプレス、終着駅、全米優勝まであと一駅! 終点までなおみテニス! 信じてる」とエールを送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ