全米テニス セリーナ・ウィリアムズ、主審を罵り「嘘つき!謝れ!」 劣勢イライラ

警告を受け主審に噛みつくセリーナ・ウィリアムズ(右)=ニューヨーク(ロイター)

警告を受け主審に噛みつくセリーナ・ウィリアムズ(右)=ニューヨーク(ロイター)

 【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、ニューヨークで女子シングルス決勝を行い、四大大会で日本女子初の決勝進出を果たした第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を追い詰めた。

女子シングルス決勝、大坂なおみと対戦し、ポイントを奪われたセリーナ・ウィリアムズ=ニューヨーク(AP)

女子シングルス決勝、大坂なおみと対戦し、ポイントを奪われたセリーナ・ウィリアムズ=ニューヨーク(AP)

 四大大会で通算23回優勝の“絶対女王”の表情が変わっていった。

 試合開始前は「すべてのショットが上手」と大坂を持ち上げていた。試合序盤はミスをしても笑顔を浮かべていた。大坂のカウンターショットを浴びても、手とラケットで“拍手”する余裕があった。

 しかし、第1セットの第3、第5ゲームをブレークされ、最後は大坂の188キロのサーブを返せなかった。今季、第1セットを取った試合で31戦全勝の大坂に最初のセットを奪われた。

女子シングルス決勝、大坂なおみと対戦するセリーナ・ウィリアムズ=ニューヨーク(共同)

女子シングルス決勝、大坂なおみと対戦するセリーナ・ウィリアムズ=ニューヨーク(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ