大坂なおみ、S・ウィリアムズの抗議は「何も聞こえなかった」 勝負メシは「サーモン・ベーグル」…記者会見一問一答

 【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、セリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-2、6-4で破り、日本勢初の四大大会シングルス制覇を果たした大坂なおみ(日清食品)は試合後の記者会見で、「実感がわかない」と語った。

 S・ウィリアムズの執拗(しつよう)な抗議については「後ろを向いていたので何も聞こえなかった」などと述べ、「彼女(S・ウィリアムズ)が私をハグしてくれて、本当に最高だった」と笑顔を見せた。

 試合後の記者会見での主な一問一答は以下の通り。

--試合を終えて

 「サーブが大事だと試合を通して思っていた。彼女(S・ウィリアムズ)はすばらしいリターナーなので、きょうはポイントを突いていかないと考えていた」

--S・ウィリアムズが主審に抗議したときはどう集中力を保ったのか

 「私は後ろを向いていたので何も聞こえなかった。あのときは、何が起きているのか本当に分からなかった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ