日本勢単初!大坂が四大大会V、憧れセリーナをストレート撃破 全米テニス

 テニス・全米オープン第13日(8日、ニューヨーク)日本テニス史上初の快挙達成!! 女子単決勝で大坂なおみ(20)=日清食品=が、憧れだった元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=に6-2、6-4で勝ち、初制覇を果たした。四大大会単では男女を通じて日本勢初Vとなり、優勝賞金380万ドル(約4億2180万円)を手にした。日本選手が1916年に初めて四大大会に挑戦してから102年。ついに夢を実現した。

 快挙をたたえる手拍子とブーイングの嵐が交錯する。異様な雰囲気が漂った全米のフィナーレで、大坂はセリーナと抱き合った。単では日本勢初の四大大会制覇。競技を始めた3歳の頃から憧れる絶対女王の胸で、歴史に名を刻んだ挑戦者が涙に暮れた。

 「みんな彼女(セリーナ)のことを応援していたと思う。こんな終わり方をしてすみません。試合を見てくれてありがとう」

 約2万4000人の観客が地元・米国のスターを後押し。圧倒的なアウェーでも、日本のエースは落ち着いていた。

 「セリーナはスロースターター。出だしは積極的にいく。走らないといけない覚悟はできていた」。第1セットは軽快に動いて返球。第1サーブには時速30キロもの差をつけて揺さぶり、昨年9月の出産後で体力に不安を抱える難敵の打ち急ぐミスを誘った。

 第2セット。第4ゲームでブレークを許すも、続く第5ゲームでブレークバック。大坂の粘り強いプレーに、女王のいらだちは頂点に達した。ラケットをコートにたたきつけ、主審に暴言を吐く。第7ゲーム終了時の暴言が3度目の警告となり、大坂は第8ゲームを戦わずに奪った。度重なる中断に激しいブーイング。荒れた展開でも途切れなかった集中力が、快挙を手繰り寄せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ