大坂なおみ、躍進の裏に敏腕コーチ!昨年12月就任のバイン氏 全米テニス

 テニス・全米オープン第13日(8日、ニューヨーク)急成長の裏に名伯楽の存在あり-。第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が女子単決勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を破って初制覇。アジア勢初優勝を成し遂げた。昨年12月に専属コーチに就任したドイツ出身のサーシャ・バイン氏(33)は、手がけた選手がいずれも世界1位に就いている敏腕指導者。その手腕が大坂にも遺憾なく発揮された。

 優勝が決まった瞬間、静かにバイザーのつばを下げ涙を隠した大坂。コーチ席で仁王立ちとなり、両腕を高く掲げたバイン氏。対照的な両者の性格が端的に表れた。

 「なおみを本当に誇りに思う。動き続けることが大事で、フィジカル面でも相手より良かった。(相手の抗議などにも)集中力を保って戦ってくれたことがうれしい」

 バイン氏が手放しでほめた。従来、大坂のコーチ役は父のレオナルドさんだったが、世界トップに上がるにはプロの指導者が必要-と昨年12月、大坂側がバイン氏に接触した。

 バイン氏自身、時速200キロクラスのサーブを持ちながら、当時世界70位前後に停滞していた大坂に関心を持ち、その指導を「魅力的なチャレンジ」と感じたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ