女子決勝・大坂なおみ戦のラモス主審「ご心配なく」 S・ウィリアムズが批判し議論

 全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)に3度の違反行為によるペナルティーを与え、本人から女性差別と批判された主審カルロス・ラモス氏が初めてコメントし「現状は大丈夫」と述べた。USAトゥデー紙(電子版)など複数メディアが11日、同氏の出身地のポルトガルの報道を引用して伝えた。

 詳細については語らなかったが、判定には自信を示しており「ご心配なく」と語ったという。

 S・ウィリアムズは主審を「泥棒」呼ばわりしたことを認めた上で「主審は男子選手が泥棒と言ってもゲームを奪わない」と主張し、議論を呼んだ。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ