パワハラ指導を一刀両断! “勝てる大坂”を育てたバイン流コーチング 友達感覚のもと選手主体

 テニスの全米オープンを制覇し、13日に凱旋帰国する大坂なおみ(20)=日清食品。その偉業の立役者として注目が高まっているのがドイツ人コーチ、サーシャ・バイン氏(33)だ。選手と友人のような関係を築き、ベストのパフォーマンスを引き出す指導法は、日本のスポーツ界で告発が相次ぐ「パワハラ的指導」と正反対だ。その手法は企業や家庭でも応用可能だという。

 バイン氏は、決勝で大坂と優勝を争ったセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=らを指導した経験を持ち、今季から大坂のコーチを担当している。大坂も「友達みたい。彼に対しては自分が出せる」と語るように、対等な関係でのコーチングが精神面を支えた。

 大坂はもともと引っ込み思案で物事をネガティブに捉える一面があったというが、バイン氏は「できるだけ楽しく、ポジティブな雰囲気を作ろうと思っている」とし、練習前のアップやトレーニングの間も笑顔で一緒に汗を流した。「ラリーで負けたら渋谷の交差点で踊る」などユニークな罰ゲームを設け、大坂も「ハッピーでポジティブな人の近くにいることが、いい影響になっている」としている。

 「先生が教えるような『ティーチング』ではなく、友達同士のような関係のもと、選手主体で行われる『コーチング』の関係だ」と解説するのはスポーツライターの小林信也氏。

 「特にバイン氏が、大坂と話す際にかがんで下から話しかける様子に2人の関係が象徴されている。上から目線で『教えてやろう』としているのではなく、持ち味ややる気を引きだそうとしているのだろう。昨今は(パワハラなど)指導者が上から目線で選手に接している事例が散見されるが、できるだけ早く日本全体でコーチングの姿勢を取り入れなければならない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ