凱旋帰国の大坂なおみ、WTAファイナル出場や東京五輪金メダルにも意欲

 テニスの全米オープンで四大大会シングルスの日本勢初制覇を果たした大坂なおみ(日清食品)。早朝に「凱旋(がいせん)帰国」した13日は、記者会見やイベント出演を慌ただしくこなし、2020年東京五輪の金メダル獲得に意欲を示すなど、高い目標を口にした。

 午前4時すぎ、ボーダー柄のワンピースにカーディガンを羽織るカジュアルな雰囲気で羽田空港に降り立った大坂は、5時間半後に横浜市内のホテルで行われた会見にシックなモスグリーンのシャツと黒いパンツ姿で登場。対戦相手の元世界1位、セリーナ・ウィリアムズ(米国)の主審への暴言が物議を醸した全米決勝の後味の悪さを聞かれると「それほど残念だったとは思っていない。初めての四大大会決勝と優勝は、私に知らなかった経験をもたらしてくれた」とうなずいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ