“恐怖のセ界”巨人、最下位転落危機…6位DeNAと2・5差

 (セ・リーグ、DeNA4-2巨人、22回戦、DeNA13勝8敗1分、14日、横浜)セ・リーグ3位の巨人は14日、DeNA22回戦(横浜)に2-4で敗れ、1分けを挟む3連敗で借金6。最下位DeNAに2・5ゲーム差まで迫られた。

 「早く先に点を取らないと、自分たちのペースで試合ができない」

 雨の中、声援を送ったG党の願いは届かなかった。4試合連続で2得点以下。高橋監督が要因として指摘したのは、奪えなかった先制点だ。

 六回まで三塁を踏めず、七回に大城が4号ソロを放つまでゼロ行進。四回は本塁のクロスプレーで大城が走路をふさいだとしてコリジョン(衝突)ルールが適用され、2点目を失った。

 コリジョンの判定はリクエストの対象ではないが、責任審判の佐々木一塁塁審は「(本塁のアウト判定に関する)リクエストで見にいったが、映像にはコリジョンが映っていた」と説明。珍しいケースで判定が覆る“不運”にも見舞われた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ