DeNA・後藤が引退会見「松坂世代の一人でいられて幸せ」

 DeNA・G後藤武敏内野手(38)、加賀繁投手(33)が14日、横浜市の球団事務所で引退記者会見に臨んだ。後藤は1980年生まれの「松坂世代」として「この世代の一人としていられたのは幸せなこと」と同世代の仲間に感謝の気持ちを表した。

 神奈川・横浜高時代には松坂(中日)らと甲子園大会で春夏連覇を達成。西武でも同僚だった松坂が13日に甲子園球場で勝利投手となった後、同世代の名前を挙げてメッセージを送った姿をニュースで見たことを明かし「涙が出ました。最後に松坂と対戦したい気持ちもありますが、昨日の気持ちで十分です」と声を詰まらせた。

 22日の中日戦(横浜)で引退セレモニーが予定されているが、松坂はこの日出場選手登録を外れ、そこでの対戦は可能性がなくなった。また、後藤は今後について「野球に携わる仕事で恩返しができれば」と話した。 (湯浅大)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ