大坂なおみ「素晴らしい大会になれば」「楽しみたい」 凱旋試合の東レ・パンパシOPへ意欲

 テニスの全米オープン女子シングルスで日本勢初の優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)が17日、凱旋試合となる東レ・パンパシフィック・オープンの初戦に向け、試合会場で記者会見を行った。第3シードに入り、2回戦から登場する大坂は「とてもわくわくしている。過去にも楽しめたので、今回も素晴らしい大会になればいい」と抱負を述べた。

 2016年大会ではツアー初の決勝進出(準優勝)を果たし、飛躍のきっかけをつかんだ。「全米は私にとって特別だが、この大会にも通じるところはある」と思い入れは強い。

 13日の帰国後は記者会見やイベント出演など多忙を極めているが、「ジムに行ったり、ほかの大会と同じ準備ができている」と強調。「安定したテニスを続けることが最優先。そこは変わらずに臨み、テニスを楽しみたい」と肩の力が適度に抜けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ