立川をなおみ号が走る!大坂なおみ、「多摩モノレール」中吊り広告を“ジャック”/テニス

 女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン第1日(17日、アリーナ立川立飛)大会が開幕し、全米オープンで四大大会単の日本勢初制覇を果たした女子の大坂なおみ(20)=日清食品=が凱旋(がいせん)試合に向けて会場で記者会見した。単の準々決勝が始まる21日以降はチケットが完売間近で、会場行きの多摩モノレール内には中吊り広告が掲示されるなど“なおみフィーバー”が巻き起こる。第3シードで世界ランキング7位の女王は19、20日に行われる2回戦で同30位のドミニカ・チブルコバ(29)=スロバキア=と対戦する。日時は18日に決まる。

 日本でのプレーを心待ちにする。列島を歓喜で包み、世界を驚かせたグランドスラム制覇から1週間。大坂が凱旋試合を迎える。海外メディアも詰めかけた会見に、世界女王は英語で応じた。

 「とてもわくわくしています。何よりテニスを楽しみたい」

 フィーバーが巻き起こる。かねて一部席種のチケット完売が伝えられていたが、単の準々決勝が始まる21日からの最終3日間は全席売り切れ間近。当日券も販売されない見込みであることが明らかになった。

 大会事務局によると、大坂が登場する2回戦(19日か20日)の前売りも好調。全2500席のうち約100席は当日券を用意する予定も、その数は前売りの販売状況で減少の見込みという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ