大坂なおみ会見、テニスと無関係質問だらけになった複雑背景

NGワードがあった会見の舞台裏(写真/時事通信フォト)

NGワードがあった会見の舞台裏(写真/時事通信フォト)

 全米オープンテニスで優勝を果たし、世界を驚かせた大坂なおみ選手(20才)が、東レ・パンパシフィックオープン(9月17~23日)出場のため、13日早朝に日本に帰国。会見には150人もの報道陣が集まった。

 テレビのニュースでは「今? 眠い」「お寿司はおいし~い!」といった大坂選手のユニークな受け答えが報じられ、その人柄に頬を緩めた視聴者も多いだろう。

 だが、会見の裏側では、多くの報道陣がピリピリとした緊張感に包まれていた。ある民放キー局の局員が明かす。

 「今、大坂選手に対しては『NGワード』があるんです。それは『彼氏や恋人の話』。将来的な話、例えば結婚願望があるかどうかの質問も“絶対にするな”と釘を刺されています」

 その背景には、全米オープン決勝で戦ったセリーナ・ウィリアムズ選手(36才)の、主審に対する猛抗議があるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ