大坂なおみ、2大会ぶりの決勝進出なるか ジョルジとの東レ・パンパシOP準決勝速報します

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは第6日の22日、東京都立川市のアリーナ立川立飛でシングルス準決勝を行い、全米オープンを制した第3シードの大坂なおみ(日清食品)は準優勝した2016年大会以来の決勝進出を懸け、世界ランキング37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦します。

 世界ランキング7位で20歳の大坂は初戦の2回戦で世界30位のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)、準々決勝では世界25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)をともにストレートで破りました。チブルコバ戦で圧倒的な威力をみせた持ち味の高速サーブは、ストリコバ戦ではやや精度を欠きましたが、多彩なショットでラリーをきっちりと制し、危なげなく勝利しました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ