優勝した羽生結弦の一問一答 「もっと強くなりたい」…興奮気味に振り返る

 フィギュアスケートのオータム・クラシック最終日の22日、復帰戦で優勝した羽生結弦は興奮気味に試合を振り返った。

 -今季からの新ルールでの初戦を終えて。

 「点数に関してはふがいない気持ち。まだできたなと思うところがたくさんあった。ジャンプの質に関しては、こだわりを持っている入りや出をしっかりとできるようにこれから練習したい」

 -きつそうだったが、実戦で新たに4分の演目をやってどうか。

 「(昨季までの4分半ではなく)4分だからきついということではなくて、ただ単に自分の実力不足が出ているなという感触があった。しっかりとこのプログラムの構成に耐えうる体をつくらなくては」

 -2022年北京五輪を目指すのか。

 「そういう気持ちは特にない。ただ、今回の試合で一番感じたのは、いい演技ができないのはすごく悔しいなということ。もっと強くなりたいと心から思った」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ