大坂に完勝のプリスコバ「私を応援するのは難しかったかもしれないが…」 テニス

 女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン最終日(23日、東京・アリーナ立川立飛)シングルス決勝で、全米オープンを初制覇した世界ランキング7位の大坂なおみ(20)=日清食品=が、第4シードで世界8位のカロリナ・プリスコバ(26)=チェコ=に4-6、4-6で敗れ、日本勢として1995年大会覇者の伊達公子以来、23年ぶりの優勝はならなかった。

 初戦の2回戦から3試合連続のフルセットで決勝に勝ち上がったプリスコバ。3試合全てストレート勝ちだった大坂とは消耗度に差があったが、劣勢をものともしない完勝だった。

 ツアーで過去1勝1敗の相手にはホームの大声援も飛んだが、「私を応援するのは難しかったかもしれないが、みなさんの声援が励みになった。来年もまた出場したい」とスタンドを埋めた観客に感謝していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ