バインコーチ「なおみは気持ちが入りすぎていた」 試合中のアドバイス実らず

 女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン最終日(23日、東京・アリーナ立川立飛)シングルス決勝で、全米オープンを初制覇した世界ランキング7位の大坂なおみ(20)=日清食品=が、第4シードで世界8位のカロリナ・プリスコバ(26)=チェコ=に4-6、4-6で敗れ、日本勢として1995年大会覇者の伊達公子以来、23年ぶりの優勝はならなかった。

 大坂を指導するドイツ人のサーシャ・バイン氏は、「なおみは凡ミスが多かった。相手がすばらしく、きょうは活躍する機会はなかった」とプリスコバをたたえた。

 第2セットの第7ゲーム終了後、コート上でアドバイスを送ったが、「『気持ちが入りすぎている』と指摘した。わずかな差で、違う展開に持ち込めた」と強調。「どうしても勝ちたいと気持ちがはやっていた」と精神面の課題を挙げた。

 全米オープン優勝後、東京でオフの時間を与えたといい、「ルーティンが大事。毎日を同じように過ごして、リラックスすることも大切」と指導方針を語った。「ナオミが今週、やり遂げたことを誇りに思う。大きな大会で優勝した後、気持ちが切れる選手もいる中で集中力をキープした。体調が100パーセントでなくても、いいプレーをしていた」とまな弟子を評価した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ