大坂「それが最後の質問で本当に大丈夫?」 全米後のリラックス方法問われ苦笑

 女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン最終日(23日、東京・アリーナ立川立飛)シングルス決勝で、全米オープンを初制覇した世界ランキング7位の大坂なおみ(20)=日清食品=が、第4シードで世界8位のカロリナ・プリスコバ(26)=チェコ=に4-6、4-6で敗れ、日本勢として1995年大会覇者の伊達公子以来、23年ぶりの優勝はならなかった。

 会見の最後に全米オープン後のリラックス方法を問われた大坂は、「それが最後の質問で本当に大丈夫?」と逆質問し、報道陣の笑いを誘った。「朝食はコンビニで買うけど、ずっと自分の部屋に閉じこもっている。普段ならもっとPS(プレイステーション)をやっているけど、ホテルのテレビでうまく接続できない」と嘆いていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ