大坂、フィーバーに戸惑い「休む間もなかった」「物事がものすごく早く進んでいる」

 女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン最終日(23日、東京・アリーナ立川立飛)シングルス決勝で、全米オープンを初制覇した世界ランキング7位の大坂なおみ(20)=日清食品=が、第4シードで世界8位のカロリナ・プリスコバ(26)=チェコ=に4-6、4-6で敗れ、日本勢として1995年大会覇者の伊達公子以来、23年ぶりの優勝はならなかった。

 大坂との一問一答は以下の通り。

 --試合を振り返って

 「相手がすばらしいプレーをした。私は多くのことを考えずにプレーをした。凡ミスが多かった」

 --日本での凱旋大会だった

 「ここのところ、休む間もなかった。疲れを感じているが、よい試合を続けられた。とても誇りに思える1週間だった」

 --ツアー年間上位8人のファイナル(10月、シンガポール)出場の可能性がある

 「シンガポールにはぜひ行きたい。ここまで多くの試合の勝つことができた。これからも続けていきたい」

 --フィーバーぶりについて

 「慣れてはいない。ニューヨークから物事がものすごく早く進んでいて、どんなことが起きたのか自分でも観察できていない。それでも多くの方々のサポートには感謝している」

 --第2セット途中、バインコーチからアドバイスを受けた

 「何が悪いのか、自分でも分かっていた。コーチが出てきても変わらないと思った。ただ話をしていた」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ