大坂なおみ、ウイルス性疾患で武漢オープン欠場 テニス

 女子テニスの武漢オープンの主催者は23日、シングルスで第7シードに入っていた大坂なおみ(20)=日清食品=がウイルス性疾患で欠場すると発表した。大坂は女子ツアーを統括するWTAの公式サイトで「武漢を欠場することになり申し訳ない。来年出場することを楽しみにしている」とコメントした。

 武漢オープンの主催者は「なおみはこの数週間、すばらしい時間を過ごしてきた。武漢で見られないのは残念だが、彼女の早い回復を祈っている」とエールを送った。

 大坂は東京・アリーナ立川立飛で行われた東レ・パンパシフィック・オープン決勝で世界8位のカロリナ・プリスコバ(26)=チェコ=に4-6、4-6で敗れ、日本勢として1995年大会覇者の伊達公子以来、23年ぶりの優勝を逃していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ