貴乃花親方、翻意を否定 「別の形で貢献できれば」

 日本相撲協会に退職を届け出ている大相撲の貴乃花親方(元横綱)が27日、東京都江東区の貴乃花部屋前で取材に応じ、退職について考えを変えるつもりはないかとの問いに「はい」と答え、翻意の可能性を否定した。

 弟子の千賀ノ浦部屋への移籍に関し、10月3日からの秋巡業には力士は千賀ノ浦部屋の所属で参加することになるかとの問いに「そうなるかと思う」と見通しを述べた。

 自身の今後については「何も具体的なものはない」とした上で「これから別の形で貢献していければいいかな。小さなわんぱく力士もいるので、(角界に)入門していってくれる子を少しでも増やしていければ」と、何らかの形で相撲に携わっていく意向を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ