貴乃花親方の再提出書類にまた不備、芝田山広報部長「きちっと手続きを」

 日本相撲協会を退職する意向を表明した貴乃花親方(元横綱)の代理人を務める石原修弁護士が27日、東京・両国国技館を訪れ、同親方の退職手続きを進めるための書類を提出した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は再度、書類の不備を指摘して再提出を求めた。

 不備があるとされたのは、弟子の移籍に必要な所属先変更願。貴乃花親方が署名、押印した書類のコピーに、弟子の受け入れに応じた千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が署名、押印した文書が提出された。

 芝田山部長は両親方の直筆署名と押印がある書類の提出を求め、「貴乃花親方は『弟子が、弟子が』というのであれば、弟子を移籍させるための手続きを取ってほしい」と述べた。

 協会は親方の退職には退職届が必要として、貴乃花親方が25日に提出した引退届を受理していない。石原氏は「引退」を「退職」に読み替えて退職届とすることなどを求める上申書も提出。芝田山部長は「貴乃花親方はけじめをつけてほしい。(不備の指摘は)彼に対するいじめでも何でもない」と述べた。

 書類が整えば、10月1日に開かれる協会の臨時理事会で弟子の移籍は承認され、貴乃花親方も退職する見込み。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ