貴親方、弟子の所属変更願をコピーで…不備だらけで差し戻し

 日本相撲協会は27日、退職を届け出た貴乃花親方(46)=元横綱=が師匠を務める貴乃花部屋の力士らの千賀ノ浦部屋移籍について、同日に貴乃花親方の担当弁護士によって提出された書類がコピーだったことから受理しなかったことを明かした。一方、貴乃花親方は東京都内の部屋前で取材に応じ、退職を翻意する可能性を否定した。

 弟子の将来を思うなら、ないがしろにできない所属変更願。貴乃花親方から25日に提出された書類は移籍先の千賀ノ浦親方(57)=元小結隆三杉=の署名、押印がない不備があり、この日提出の書類に署名はあったがコピーだった。

 協会の芝田山広報部長(55)=元横綱大乃国=は「(貴乃花親方は)弟子のことが大切と訴えるが、これでは…」と言葉を飲み込んだ。本来あるべき姿勢として、力士の所属先変更では協会を退職する師匠と受け入れる親方が理事長を訪ね、協会の書式に乗っ取った元本に2人が署名、押印する場面を引き合いに出した。

 この日、東京・墨田区の両国国技館内で理事会、年寄総会などが開かれた。芝田山部長は千賀ノ浦親方へコピーの問題点を指摘。直接、再提出を求めた。

 この書類を提出したのは、貴乃花親方の代理人弁護士。この日、国技館を訪れ、所属変更願とともに貴乃花親方の引退届を退職届と読み替えることを求める上申書も提出した。貴乃花親方は協会へ「引退届」を出したが、協会は退職に必要な「退職届」ではないため受理していない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ