台風で30日中日戦中止…阪神、CS“裏”開催の可能性も

 中日は29日、30日に開催予定だった阪神戦(ナゴヤドーム)を、台風24号の影響で交通機関などの乱れが予想されるため中止すると発表した。阪神は今季20度目の中止で、今後の状況次第では、10月13日からクライマックスシリーズ(CS)で“裏開催”する可能性が浮上した。

 試合中に発表された、30日の中止。自然の猛威には勝てない。ナゴヤドーム内にも諦めのどよめきが広がった。

 阪神は10月9日まで連戦が決まっている。雨天中止となった9月26日のDeNA戦(甲子園)と、30日の試合が10月10、11日に組み入れられることが濃厚だ。

 規定ではCS進出チームは11日終了時点の成績で決まるため今後、1試合でも中止になればダブルヘッダーの可能性が浮上。CS進出の可能性がなくなれば、CSの“裏”で行われることも。実際にこの日、パ・リーグは13日にロッテ-楽天を行うと発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ