貴乃花親方「大相撲は不滅です」 応援会で「辞めるなの声も受け入れず」と謝罪

 日本相撲協会へ退職を届け出た大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=が1日、「貴乃花応援会」公式サイトでメッセージを掲載。平幕貴ノ岩(28)への思いをつづった。

 「大相撲ファンの皆様の辞めるなの声も受け入れず突然の引退会見をし、ご心配をかけてばかりの人生で申し訳ない事ばかりです」と謝罪。「しかしながら弟子たちの将来の展望が楽しみでなりません。厳しく育ててきて、ここで師匠が引退してしまう事態になり、可愛い子には苦労をさせろ、ということになってしまいました。それでも私の弟子たちは真摯に理解をしてくれております」と強調した。

 貴ノ岩には「日本に相撲留学をし、その直後に両親を亡くされ、この子のお父さんにならなければいけないと信念を固め、入門をしてくれてありがとうと思ったことも懐かしい思い出です」と感謝。「貴ノ岩を育てるにあたり常に言ってきたことは”モンゴル国民の方々、日本国民の方々から賞賛していただける相撲人になりなさい”これだけを執拗に教えてきました」と信念を明かし、「大相撲ファンの皆様、貴乃花部屋の支援者の皆様の貴乃花へ対するご厚情には感謝の言葉しか見当たりません。大相撲は不滅です。土俵は必ず日本国の遺産として遺ります」と自身の相撲道を説いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ