八角理事長、協会本部は「貴乃花親方に直接会って話をしたいと思っていた」

 大相撲で史上6位の優勝22度を誇り、「平成の大横綱」と称された貴乃花親方(46)=本名花田光司、東京都出身=が日本相撲協会を退職することが1日、決まった。このまま角界を去ることになる。9月25日に退職を届け出ていた。1日の相撲協会臨時理事会で貴乃花部屋の力士らが千賀ノ浦部屋へ移籍することが承認され、貴乃花部屋が消滅した。

 日本相撲協会の八角理事長(55)=元横綱北勝海=は、「私たち、協会本部は貴乃花親方に直接会って話をしたいと思っていた。貴乃花親方から結局連絡がないまま今日を迎えたことは残念に思う」と悔しさをにじませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ