錦織、行くぜファイナルツアー! ポイントランク現在10位/テニス

 男子テニス・楽天ジャパン・オープン第3日(3日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)単2回戦で世界ランキング12位の錦織圭(28)=日清食品=がブノワ・ペール(29)=フランス=を6-3、7-5で下し、準々決勝に進出した。綿貫陽介(20)=日清食品=はミロシュ・ラオニッチ(27)=カナダ=に3-6、6-7で屈した。単1回戦では前週の深●(=土へんに川)オープンでツアー大会初優勝を果たした西岡良仁(23)=ミキハウス=がニック・キリオス(23)=豪州=に5-7、6-7で敗れた。

 ピンチになればなるほど、錦織は本領を発揮した。粘った末のストレート勝ちで、8強入りだ。

 「劣勢のとき、特に良いプレーができた」

 第2セットは3ゲームを先取された。続くサービスゲーム。これ以上引き離されたくない局面で、ドロップショットで意地のキープだ。第10ゲームで5-5に追いつかれても、拾って粘って相手のミスを誘った。

 前日2日、大坂なおみ(20)=日清食品=がシーズン成績上位8人で争うWTAファイナル進出を決めた。錦織は男子のツアーを統括するATPのファイナル進出ランキングで10番手。出場圏内の8位とは約1000ポイント差で、11月のファイナル(同11-18日、ロンドン)まで残すは4大会だ。準々決勝は5日。「ここからギアを上げる」。逆襲による切符獲得を諦めない。 (鈴木智紘)

★ATPツアー・ファイナル

 男子プロテニスツアーの年間最終戦で、シーズンの獲得ポイント上位8選手が出場できる。1次リーグは2組に分かれ総当たり戦で行われ、各組上位2人が準決勝に進み、その後はトーナメント方式で年間王者を決める。賞金総額は800万ドル(約9億円)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ