大坂、誕生日のバインコーチに贈る8強!世界10位をストレート

 テニス・中国オープン(4日、北京)四大大会に次ぐ格付けのツアー大会。女子単3回戦で、第8シードに入った全米オープン覇者で世界ランキング6位の大坂なおみ(20)=日清食品=が同10位のユリア・ゲルゲス(29)=ドイツ=を6-1、6-2で破って8強入り。前回の対戦ではストレートで敗れて涙を浮かべたが、雪辱した。この日、34歳の誕生日を迎えた専属コーチのサーシャ・バイン氏を白星で祝福した。

 勝利をプレゼントしたかった。強烈なサーブに粘り強いリターンで、大坂が試合を支配する。ブレークは一度も許さない。世界ランク10位のゲルゲスを寄せ付けず、8強進出だ。試合後のコートインタビューで、シャイな20歳が切り出した。

 「きょうはサーシャのバースデーなの。良いプレーができたわ」

 昨年12月から師事するドイツ出身のバインコーチは、この日34歳となった。対話路線で全米制覇へと導いてくれた恩師の誕生日に、白星で花を添えたい-。そんな心持ちでラケットを握り、プレーで感情を表した。

 サービスエースは6本。時速190キロを超えるエースも決めた。好敵手のサーブも正確だったが、「うまくリターンすることに集中した」。軽快なフットワークで、わずか1時間6分で決着をつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ