“会社なら当たり前のこと”をすればうまくいく--フェンシング太田雄貴が挑む「スポーツ業界の健全化」

 2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックを前に、スポーツの競技団体から暴力問題やパワハラ、助成金の不正流用などの問題が次々に起きている。

 多くの競技団体から問題が噴出するのは単なる偶然ではなく、競技団体が抱える構造的な問題が背景にあるからではないだろうか。

 その問いに答えてくれたのが、2017年8月に、31歳の若さで日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏だ。08年の北京オリンピックのフルーレ個人と、12年ロンドンオリンピックのフルーレ団体で銀メダルを獲得。15年の世界選手権では金メダルも手にしたフェンシング界の元エースは今、自ら協会の問題点を分析し、大胆な改革に挑んでいる。

 太田氏に、日本の競技団体が抱えるさまざまな問題点や、フェンシング協会が現在進行形で取り組む改革について聞いた。

太田雄貴(おおた ゆうき)公益財団法人 日本フェンシング協会 会長。国際フェンシング連盟 理事。2015年、フェンシング世界選手権 個人金メダルをはじめ数々のメダルを獲得。16年、日本人として初めての国際フェンシング連盟 理事に就任し、現役を引退。17年6月、日本フェンシング協会理事に就任し、同年8月、日本フェンシング協会 会長に就任。1985年生まれ。同志社大学出身。

太田雄貴(おおた ゆうき)公益財団法人 日本フェンシング協会 会長。国際フェンシング連盟 理事。2015年、フェンシング世界選手権 個人金メダルをはじめ数々のメダルを獲得。16年、日本人として初めての国際フェンシング連盟 理事に就任し、現役を引退。17年6月、日本フェンシング協会理事に就任し、同年8月、日本フェンシング協会 会長に就任。1985年生まれ。同志社大学出身。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ