南野拓実、日本代表生き残りへ 結果に「こだわる」

 サッカー・日本代表合宿(10日、新潟市内)MF南野拓実(23)=ザルツブルク=は「まず(来年1月の)アジア杯までのサバイバルに残っていきたい」と意気込んだ。

 先月のコスタリカ戦ではトップ下で先発し、初ゴール。「お試しジャパン」と言われる中でMF中島、MF堂安らとともに可能性を示した。これからの生き残りには、W杯ロシア大会を経験したメンバーとの融合が必要。MF柴崎、FW大迫らとのコンビネーションに注目が集まる。

 「ロシア(W杯)にいった選手は本当に質が高い。その中で自分のよさを出せるように。やっぱり得点とアシストにはこだわりたい」。森保監督が求める“化学反応”を起こす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ