義足の美人ジャンパー・中西麻耶が始球式、広島・田中のユニホームで登場

 義足の美人ジャンパーで知られる中西麻耶(33)がクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦(マツダ)の始球式に登場。大ファンという広島・田中の背番号「2」のユニホームに身を包み、元気よく投げた1球はホームベースの手前で失速してノーバンならず。「カウンセリングコーチが広島出身。このような機会を与えていただいてすごくうれしい」。2017年にロンドンで行われた世界パラ選手権の女子走り幅跳び(T44)で銅メダルを獲得し、2020年の東京でも期待を集めるパラアスリートは「来年の世界選手権で金メダルを獲りたい。そして6メートルジャンパーになりたい」と意欲を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ