張本氏、日本ハムD1・吉田の精神力を絶賛「予選から1人で投げきっている」

 野球評論家の張本勲氏(78)が28日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。25日に行われたドラフト会議で、日本ハムが大阪桐蔭高・根尾昂内野手(18)を4球団競合の末にくじで外した後、秋田・金足農高の吉田輝星投手(17)を単独1位指名で交渉権を獲得したことについて、「精神力がすごい。予選から1人で投げきっている。優勝したチーム(大阪桐蔭)は3人ぐらい投手がいた。日本ハムはくじ運がいい」と絶賛した。

 吉田は今夏の甲子園で準優勝。6試合で881球を投げ、旋風の中心になった。秋田大会開幕前は大学進学を決めていたが、幼い頃からあこがれていたプロ野球への夢が膨らんだ。そのまま進学をすすめる周囲の声もあったが、今月4日にプロ志望を自ら決断した。「高校時代と変わらずに自分の強気なピッチングをしっかりして、新人王をとりたいと思います」と胸を躍らせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ