ほろ苦かった初の世界バレー 20歳の代表・黒後愛「もっと成長したい」

 【スポーツ異聞】

 国内6会場で熱戦が繰り広げられ、10月20日に閉幕したバレーボールの女子世界選手権。世界ランキング6位の日本は目標のメダル獲得はならなかったが、世界4位のブラジル、同5位のロシアが逃した上位6チームによる3次リーグに駒を進め、最終順位は6位と健闘した。この大会で3大大会(五輪、世界選手権、ワールドカップ)初出場を果たしたのが20歳のアタッカー、黒後愛(東レ)。鮮烈な印象を残しながらも大会終盤は出場機会が減り、「正直悔しい思いはある。もっと成長したい」と気持ちを奮い立たせた。

 東京・下北沢成徳高では全日本高校選手権(春の高校バレー)2連覇の立役者となった黒後。力強いスパイクだけでなく、180センチの長身ながら安定感のあるレシーブも魅力で、高校卒業後に入団した東レでも1年目から主力を担い、昨季のプレミアリーグ(現Vリーグ1部)最優秀新人賞にも輝いた。

 今年5月には国際大会のネーションズリーグで代表デビューを飾り、フルセットで制した6月の敵地でのタイ戦では両チーム最多の29得点を挙げるなど中心選手に成長。世界選手権はアルゼンチンとの1次リーグ初戦から先発起用されると、バックアタックや2本のサービスエースで22歳の古賀紗理那(NEC)に次ぐチーム2番目の10得点と好発進。続くオランダとの第2戦は2-3で敗れたが、両チーム最多の25得点と気を吐いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ