大坂なおみ、WTAファイナルで見えた世界一までの距離

 【スポーツ異聞】

 女子テニスのWTAファイナル初出場を果たした21歳の大坂なおみ(日清食品)は、1次リーグ第3戦(10月26日)で敗退となり、今季の日程を終えた。29日付世界ランキングで、前週の4位から5位に後退したが、それでも2018年はライバルをごぼう抜きにし、確かな足跡を刻んだ。女子テニス界は混戦期に突入しており、シングルスで日本勢初の「世界1位」は現実味を帯びてきている。

 無念の幕切れだった。年間の成績上位8人による華やかな舞台「WTAファイナル」で、勝てば準決勝進出の可能性が残された1次リーグ第3戦のキキ・ベルテンス(オランダ、世界ランク9位)との対戦。前戦で痛めた左太ももにテーピングを巻いて登場した大坂は、力のないサーブでミスを繰り返し、第1セットを3-6と落としたところで棄権を申し出た。涙を浮かべながら「どんどん痛みが増して動けなくなった」。肉体は限界だった。

 日本オリンピック委員会(JOC)の強化スタッフで、日本テニス協会元ユニバーシアード女子監督の道上静香氏は「太ももを痛めていたことで、勝機の時に足を踏ん張れない。だから最後は得意のサーブもコントロールできなかったのでは」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ