山下真瑚、“真央ロード”進む フィギュア

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦・スケートカナダで同シリーズの初陣にして2位に輝いた15歳の山下真瑚(愛知・中京大中京高)が30日、羽田空港着の航空機で帰国した。

 元世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)を3位に退けた。手にしたのは銀メダルながら「透明だなって思った」と初々しく笑う。

 名伯楽の山田満知子コーチに師事するホープは、同じく門下生だった浅田真央さん(28)のように躍進する期待を背負う。真央さんはシニア1季目のGPシリーズ初戦で2位、2戦目で1位となり、GPファイナル制覇へと駆け上がった。

 山下の次戦はGPシリーズ第5戦のロシア杯(11月16日開幕)。「ジャンプをきれいに跳べるようにして、たくさんの人に見てもらえたら」。2戦目で頂点に立ち、真央ロードを進む。 (鈴木智紘)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ