村上ら奮闘も女子団体6位 3人のみ全4種目 体操

 体操世界選手権第6日(30日、ドーハ)2020年東京五輪予選を兼ねた大会。女子団体総合決勝が行われ、16年リオデジャネイロ五輪4位の日本は合計160.262点で6位に終わり、3位以内に与えられる五輪出場枠を逃した。米国が4連覇し、2位にロシア、3位に中国が入った。

 世界との差は大きかった。誤算続きの日本女子は、前夜3位を死守して自力での東京五輪行きを全競技一番乗りで決めた男子に続けなかった。

 「五輪の切符を取りたいというのが、みんなが持っている目標」

 仲間の思いを代弁したエースの村上茉愛(22)=日体大=は、昨年の種目別で世界一となった床運動でH難度の大技シリバスを決めて引っ張ったが、健闘は実らなかった。

 2016年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=がパワハラ騒動の影響などで代表候補を辞退。さらに、五輪代表の杉原愛子(19)=朝日生命=は腰痛が回復しなかった。5選手のうち村上ら3人のみで全4種目を演技することが最も得点を稼げると異例の態勢で臨んだが、表彰台には届かなかった。

 自力で五輪切符を得るには、来年10月の世界選手権で今大会の上位3チームを除く上位9チームに入る必要がある。底上げは不可欠だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ