U-17W杯直前に激震…リトルなでしこ監督・楠瀬直木氏、協会の女性職員にハグで辞任

 日本協会は1日、U-17(17歳以下)女子日本代表の楠瀬直木監督(54)が協会の女性職員に対してハグをするなど不適切な行為があったとして辞任すると発表した。チームは今月13日からウルグアイで開催されるU-17女子W杯を控えており、同大会はU-18女子代表の池田太監督(48)が指揮する。

 W杯を目前に、指揮官が不祥事で去った。楠瀬監督が日本協会の女性職員に対してハグなどをしたとして、先月31日付で辞任した。

 「われわれの取り組みに対する認識の甘さがあったと猛省せざるを得ない」。東京都内で緊急会見を開いた協会の田嶋幸三会長(60)は、苦渋の表情で謝罪した。

 協会によると、楠瀬監督は昨年6月の出張中、打ち合わせを終えた際に女性職員をハグ。今年9月にも「不必要な身体的な接触」があった。不快感を覚えた女性職員が9月下旬に上司に相談して発覚。双方のヒアリングを実施して、協会の女子委員会が監督の職務続行は不可能と判断した。監督も了承して辞表を提出した。

 協会側は双方に見解の食い違いもあるとした上で、「事件性のある性的接触ではない。セクハラかどうかは完全に断じることができない」と判断を避けた。「接触」の具体的な行為や飲酒していたかなど詳細な状況は明かしていない。「ハグ」について、監督は「お疲れさま、の意味」と説明したという。選手に対する不適切行為は一切ないとした。

 11月の理事会で該当役員などに対する処分を決定し、その後に裁定委員会を立ち上げて楠瀬監督に対する処分を決める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ