稀勢、土俵に入らず 田子ノ浦親方「少し疲れがたまっている」

 大相撲九州場所(11日初日、福岡国際センター)二所ノ関一門による連合稽古が1日、福岡・東区の佐渡ケ嶽部屋で行われ、横綱稀勢の里(32)ら十両以上の関取18人が集結した。

 完全復活が期待される横綱稀勢の里は、稽古の疲労を考慮して土俵周りでの四股やすり足で汗を流し、土俵には入らず調整。稽古後も無言のまま引き揚げた。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「少し疲れがたまっている。けがではない。場所に合わせているから」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ