カツノリ楽天移籍で…ノムさんの面倒は誰がみる!? 夕刊フジが本人に直撃

 楽天は10月31日、来季のコーチングスタッフを発表。1軍打撃チーフコーチにロッテを退団した金森栄治氏、同投手チーフコーチにBCリーグ富山の監督を務めた伊藤智仁氏、同バッテリー兼守備作戦コーチに横浜DeNAを退団した光山英和氏が就任し、石井一久GMの人脈が色濃い組閣となった。一方、2軍バッテリー兼守備作戦コーチに、ヤクルトのバッテリーコーチを退任した野村克則氏(45)が就任。楽天には10年ぶりの復帰となるが、気になるのは野村克也氏(83)の存在だ。独り身になった父の世話をどうするのか。直撃した。(塚沢健太郎)

 --なぜ楽天に行くのか

 「三木(肇=今季ヤクルト2軍チーフコーチ、41)が2軍監督になるのが一番です。年は違いますが同期入団で、一緒にやりたかった。違うチームに行って、いろんな選手を指導して自分のスキルを高めたいというのもありました」

 --ヤクルトのコーチは5年間務めた

 「2015年にはリーグ優勝できましたし、最後はフェニックス・リーグで優勝して高津監督を胴上げすることもできた。感謝しかありません」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ