東海大菅生・中村晃が8K完封 早実下し決勝進出 秋季東京大会

 来春のセンバツ大会の出場校を決める重要な資料となる秋季高校野球東京大会は3日、東京・神宮球場で準決勝が行われ、第1試合は東海大菅生が早実を3-0で下し、決勝に進出した。

 東海大菅生は三回、3連続四球で一死満塁のチャンスをつくると、5番・成瀬脩人内野手(2年)が、遊撃手の手前で打球のバウンドが変わるラッキーな中前適時打を放ち、2点を先制。九回には、今江康介外野手(2年)の左越え適時二塁打でリードを広げた。

 先発の中村晃太朗投手(2年)は9回8安打8奪三振で、完封勝利を挙げた。

 決勝は4日の12時から、神宮球場で行われる予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ