日本サッカー協会の田嶋幸三会長らが報酬10%返納 U-17女子監督辞任で

 日本サッカー協会は8日、東京都内で理事会を開き、女性職員への不適切行為でU-17(17歳以下)女子日本代表の楠瀬直木前監督が辞任した問題の管理責任をとり、田嶋幸三会長、須原清貴専務理事、女子委員会の今井純子委員長、手塚貴子副委員長の4人が役員報酬の10%を3カ月間自主返納することを了承した。

 U-18(18歳以下)女子日本代表の池田太監督が正式に後任監督となり、13日開幕のU-17女子ワールドカップ(W杯)ウルグアイ大会に臨むことも決まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ